アイアースAias銀河英雄伝説フリートファイル・バトルシップコレクション

男爵 キュンメル

当初はケンプ艦隊所属であったが 、元帥府の窓口勤務を経てラインハルトの次席幕僚となる。 ところが、後に逮捕されたシューマッハが真相を明かし、ランズベルクの元を逃げ出して行方不明となり、精神の安定を失ったランズベルクが幼児の遺体を盗んでエルウィン・ヨーゼフの遺体と思い込み始めたのだという。 平民だが貴族や富裕な平民を相手に堅実な商売をしており、社会的地位や生活水準はまずまずという生活を送る。

17
ニコラス・ボルテック フェザーン代理総督。 同盟からレンネンカンプの報告が入ります。

第57話「キュンメル事件」

男爵 キュンメル

フリードリヒ4世崩御の時点でも存命しており、弔問の順序をアンネローゼに越され「あの女」と恨み節を言う。

13
担当は(版)。

キュンメル男爵

男爵 キュンメル

しかし、既に暗殺者の魔手はヤンに迫っていた。 翌日、イゼルローンからビッテンフェルトへ返電が送られる。 ラインハルトの覇気に衰えを感じるロイエンタール。

1
ただちに討伐軍が編成され、司令官に任ぜられたワーレン指揮の下、地球に向けて艦隊が進発する。 俺自身わかっているんだ」病んでいますなあ ToT。

地球教 (ちきゅうきょう)とは【ピクシブ百科事典】

男爵 キュンメル

独創性は乏しかったとされるが、むしろそれは軍事占領行政には有害なもので、高等弁務官であるレンネンカンプにとって満足すべき補佐役と評される。 OVA版 肥満気味の青年で、近世ドイツ的な帝国の風俗に対して、古代ギリシア風の装いをしている(これは彼の部下や侍女も同様)。

5
アスターテ星域の会戦はラインハルトの幕僚で中将、リップシュタット戦役は貴族連合軍の大将。 門閥貴族が跳梁する現状を憂いて帝国の未来を憂慮すると同時に、門閥貴族らほど、あからさまではないが、自らの地位と権力を愛している。

「キュンメル男爵」の用例・例文集

男爵 キュンメル

艦首側面にナンバーがないのはまず、アイアースの登場が劇場版「わが征くは星の大海」であったことに起因する。 アムリッツァ敗戦を受けたロボス元帥引責辞任のあと、本艦の処遇については2説ある。 人物描写はなく不明。

11
一人娘のヒルダを評価する良き父であり、後述のようにリップシュタット戦役において聡明な彼女に判断を一任する。

「キュンメル男爵」の用例・例文集

男爵 キュンメル

最終的にヤン率いる増援の到着を受けて、潔く撤退を決める。 ハインリッヒ・ランベルツ Heinrich Lanbertz 声 - 旧 幼年学校生。

18
C 田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっ ふ・サントリー All Rights Reserved. 第2次ランテマリオ会戦ののち、ハイネセンに帰還したロイエンタールの最期を看取った人物であり、その際に、彼の最期の言葉「わが皇帝(マイン・カイザー)、ミッターマイヤー、勝利(ジーク)、死」を記録したことで後世に知られる。 ラグナロック作戦におけるラインハルト直属艦隊の提督の一人。

ハインリッヒ・フォン・キュンメルとは (ハインリッヒフォンキュンメルとは) [単語記事]

男爵 キュンメル

ウェルナー・アルトリンゲン Werner Altringen 声 - 旧:第52話 元キルヒアイス麾下の提督で、ラインハルト直属艦隊の司令官。 ローエングラム朝成立後は皇帝親衛隊長として作中に頻繁に登場し、その役職通りの活躍で、キュンメル事件では実行犯のキュンメルを取り押さえ 、ウルヴァシー事件でもラインハルトの生還に貢献する。 そのため平民からはもちろんの事貴族からも「もう少し公人としての法則を守ってもらわなくては困る」と嫌悪され、貴族の犯罪に甘い帝国にあっても看過できず問題視されるほどであったが、高い政治的手腕と財力を駆使して幾度となく処罰から逃れ続け、その様は同僚である当時の司法尚書ルーゲ伯から「見事な奇術」と皮肉られるほどであった。

8
これはラインハルトを救うことにもなります。 同作品ではパトロクロスにもナンバリング表記が存在しなかった。