国語(系)のテスト対策

敬語 て 枕草子 参り た まひ 中納言

かやうのこと こそは、 かたはらいたきことのうちに 入れ つ べけれど、 こそ=強調の係助詞、結びは已然形。 上記の「させ」と同様に中宮定子を敬っており、二重敬語である。 「これは隆家が言(こと)に し て む。

まことに かばかり 【注5】のは 見えざりつ 【注6】。 この章で二重敬語を使われているのは中宮定子だけであるので、この人が一番敬われている。

中納言参りたまひて|藤原隆家はどんな心境で笑ひたまひたんだろうか|竹内孝治|元・住宅営業マン|note

敬語 て 枕草子 参り た まひ 中納言

」とて、笑ひ たまふ。

9
て=強意の助動詞「つ」の未然形、接続は連用形。

『枕草子』「中納言参りたまひて」品詞分解と口語訳まとめ!

敬語 て 枕草子 参り た まひ 中納言

定子の隆家に対する行動においても謙譲語と尊敬語を組み合わせて表現しています。

4
清少納言はその時代の皇后である藤原定子に仕えていたので、「中宮」と言えば藤原定子しかいません。 意味は「入れるべき」。

「中納言参りたまひて」の敬語を解説!誰から誰へのセリフなのか?

敬語 て 枕草子 参り た まひ 中納言

道長になすがままにされる隆家がちょっぴりかわいそうです。 それと同時に「皆が書けってウルサイからしょうがなく書いた」という清少納言の言葉もまたあやしく感じてきます。 」と言ってお笑いになる。

5
とっくに酔いがまわってる面々のなかへ素面で参上した隆家。 」 な=断定の助動詞「なり」の連体形「なる」が音便化して「なん」となり、さらに無表記化して「な」となったもの。

解釈は無限大!枕草子「中納言参りたまひて」の扇の骨は、結局なんの骨だった? | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

敬語 て 枕草子 参り た まひ 中納言

「中納言参りたまひて」では、定子、隆家それぞれの行動はどちらも尊敬語で書かれています。 生徒たちの珍回答はまた新しい古典の解釈であり、新しい発想でもあるのかもしれません。

3
謙譲語。

「中納言参りたまひて」の敬語を解説!誰から誰へのセリフなのか?

敬語 て 枕草子 参り た まひ 中納言

清少納言に斬って捨てられてから1年後の長徳2年(西暦996年)4月、花山院襲撃事件などの咎で出雲権守に左遷されてしまいます。

9
=「これは隆家が言った言葉にしてしまおう。 ラ行四段の場合には意味が変わり「入る、加わる」と言う意味になるので注意。

解釈は無限大!枕草子「中納言参りたまひて」の扇の骨は、結局なんの骨だった? | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

敬語 て 枕草子 参り た まひ 中納言

」という作者の気持ちが表されている。 係り結び 「すべてにおいてすばらしいのです。 こんなスゴイ骨は見たことがないです」と声を大にして言う隆家を、清少納言はどんな目でみていたのだろう。

2
12 してむ サ変動詞「す」の連用形+強意(確述)の助動詞「つ」の未然形+意志の助動詞「む」の終止形。 酒で盛り上がった道長一派が調子にのって「隆家を呼ぼう!」と言いだすエピソードが『大鏡』に収録されています(「道長と隆家」)。